スタッフ紹介

河原 龍秀
総院長 柔道整復師
河原 龍秀
私がこの道を志したのは必然。
柔道家・柔道整復師になるために
生まれてきました。

はじめまして、総院長の河原です。
当ホームページを訪れていただき、誠にありがとうございます。

私は祖父が柔道家で柔道整復師、父が柔道家(幻のモスクワ五輪代表)、母が柔道整復師の家系の長男として生まれました。

幼い頃は、体が弱く、いつも両親に心配をかけている子どもでした。
季節の変わり目には必ずといっていいほど風邪をひき、小児科の通院の常連。しかも小児ぜんそくを患っていたので、吸入器は手放せないほどお世話になっていました。

そんな私も幼稚園の年長に入った頃から実家にあった柔道場(河原道場)で柔道を始め、次第に体が強くなっていきました。中学生の頃には父の厳しい指導のもと初段を取得。高校生では参段にまでなり、自信を深めていったものです。

大学は父の母校ということで当時、日本一であった明治大学へ進学。右をみても左をみても全日本や世界、オリンピック金メダリストなどが顔を揃え、しのぎを削っていました。私などの名古屋の田舎者は最初、全く歯が立たない始末。

しかし、人の環境適応とはおもしろいもので、3年生からは全日本学生柔道優勝大会(団体戦)の選手メンバーに入れるようになり、4年生では寮長としても生活面から後輩の面倒をみるようになり、いつしか主将、副主将と共に部をまとめる存在になっていました。

そんな私でしたが、稽古での無理が祟ったのか卒業時にはケガで満身創痍の体となっていました。そこでこれ以上の柔道生活を断念。しかし、何とかこの経験を活かせないものかと考えた結果、親の勧めもあり、ケガや痛みを手当する側の柔道整復師を志しました。

それまで柔道ばかりしていたので、専門学校時代の勉強は苦労しましたが、運良く周囲の優秀な友人に恵まれていたので、一緒に勉強して国家試験はストレートで合格。そして何よりもクラス全員で合格を手にしたのが嬉しかったなぁ。当時、級長なんかもやっていましたから。

柔道整復師になってからも大変でした。研修時代は朝から晩まで働きづめ。朝は開院準備、施術、昼休みに勉強会、午後の施術、片付け、そして自主的に施術のトレーニング。そんな毎日を過ごしましたが、やりたい仕事をやれている実感と柔道で養われていた精神力のおかげで、人が苦と思うことも苦と思わないようになり、いつしかそれを楽しむことも身につけていきました。

研修期間を終え、いざ開業しようと考えていた頃、母校の米田柔整専門学校に「教鞭をとってみないか」と誘われ、迷いましたが、これも何かの思し召し。「今しかできないこと」と思い受諾。教育者として後進の指導に当たりました。

教員時代は楽しかったなぁ。とても感じのいい、やる気のある学生たちに恵まれ、毎日が忙しくも充実した日々でした。この教員時代の10年間はわが人生の春を謳歌したものです。

しかしながら、そんな春はいつまでも続かないものです。自分の心の中で押さえつけていた熱い気持ちが燃え上がったのです。

「私は柔道家・柔道整復師になるために生まれてきた」

そんな強い衝動に駆られ、接骨院の現場でお客様に施術することが柔道整復師の本分と考え、また柔道家としては柔道教室を興し、子どもたちに柔道指導することを使命に感じた私は平成25年5月に中川区高畑に「高畑駅前接骨院」と「河原道場高畑キッズ柔道教室」を開設、次第にお客様が増え、一接骨院では見きれないほどの人が来られるようになり、柔道教室も地域の方々に支えられ、子どもたちもたくさん集まってくれました。*柔道教室は高畑でみれる人数を超過したため、令和元年4月より安全面の配慮から実家で南区にある創設67年目の「河原道場」へ移転して「高畑」と「本家」を一本化し、同時に父より道場主を引き継ぎました。(祖父から数えて三代目)

そういった経緯を経て、平成29年11月に熱田区三本松の名鉄神宮前駅東口徒歩すぐのところに「神宮前駅東口接骨院」を開院しました。

私は柔道家として、柔道整復師としての仕事に、強い使命感と深い誇りを持っています。施術家歴24年以上の施術力とプロを15000人以上、育ててきた指導力で「神宮前東口接骨院」にご縁を持った皆さまの施術にスタッフ共々あたります。元気に、活力ある毎日を提供したいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ 柔道(六段)、ゴルフ
好きな食べ物 カレー、ステーキ、ラーメン
施療の心がけ 丁寧さ
好きな言葉 自他共栄(自分も他人も共に栄える意)
業歴 24年目
水野 雅仁
院長 柔道整復師
水野 雅仁
こんにちは、柔道整復師の水野雅仁(まさひと)です。

私は愛知県知多市で生まれ育ち、家が接骨院ということもあり、小さいころから父親の姿を近くで見てきました。

患者さんとの距離がとても近く、いつも『ありがとう』と感謝の言葉をもらう父親の姿はとてもカッコよく、活き活きとしていました。

そんな姿を見ているうちに自分も同じ道に行って、患者さんに感謝される父親のような人になりたい、と強く思うようになっていました。

高校を卒業後、憧れの父と同じ仕事をしたいと思い、専門学校へ行く予定でしたが、両親から大学に行き、色々と勉強して違う世界も見てくるようにと、チャンスを与えてもらえたので東京の大学に行かせてもらいました。

そこでは様々な地域の人が集まっており、北海道から九州までの人がいました。みんな同じ日本にいるのに考え方や話し方、文化の違いも感じ、たくさんの経験を積むことができました。さらに奥深く交友関係を築くことができ最高の体験でした。

しかし、自分の夢は変わらず接骨院をしたかったため、地元に戻り米田柔整専門学校へ入学、そこでは今までの勉強とは全く違い、専門的なものばかりで苦労をしながらも、興味のあることだったので毎日が楽しく、あっという間の3年間で卒業に至りました。
その後、国家試験にも無事合格し、柔道整復師へのスタートラインに立つことができました。

総院長の河原先生とは母校である米田柔整専門学校で出会い、1年間お世話になりました。
その時の講義で体の仕組み、接骨院、経験、考え方をたくさん話してもらい、1年間という短い期間だったのですが、とても印象に残っています。
当院に就職したのは河原総院長の人間力、施術方針、輝きに心惹かれたからです。

患者さんは心身ともに辛く、不安も大きいと思います。体だけでなく心も楽になってもらえるように十分丁寧な説明をし、少しでも多くの方に笑顔になってもらえるよう、精一杯の施術をしていきます。

よろしくお願いします。
Q&A
好きなスポーツ テニス
好きな食べ物 オムライス
施療の心がけ 相手の気持ちを少しでもくみとる
好きな言葉 笑う門には福きたる
業歴 6年目
近藤 直樹
副院長 柔道整復師
近藤 直樹
こんにちは、柔道整復師の近藤直樹です。

私は岐阜県の羽島市で生まれ育ちました。小学校の頃から柔道を始め28歳まで競技を続けていました。

この仕事を志したきっかけは、小学5年生の頃に腰を痛めてしまい、近所の接骨院にお世話になったことでした。
包帯やテーピングを巻く姿を見て、当時の私はカッコいい!!将来絶対接骨院の先生になるんだ!と決め、その夢が叶う形となりました。

高校の進路相談では、大学に行かず専門学校に行き、接骨院の先生になりたいと伝えたところ、柔道部の監督から後輩(河原総院長)が専門学校で教員をしているから、米田柔整専門学校にしなさいと進められ、3年間勉学に励み、柔道整復師の免許を取得しました。

卒業後、接骨院で2年勤務をし、整形外科のリハビリ科で勤務しながら愛知大学柔道部のトレーナーも行っていました。その後、もう一度接骨院で働きたいという思いが強くなり3年程、接骨院で勤務しておりました。約10年柔道整復師として働くなかで家族も増え、この先はどうしようか、というタイミングで河原総院長とお話をさせて頂く機会があり、ここで自分の経験が十分生かす事が出来ると強く思い、お世話になろうと決意しました。

私が今まで経験して学んだ事は勉学から得るものだけではなく、自分の怪我の実体験や様々な先生から得られたものです。そういったものを患者様への施術に活かして、お体の悩みに少しでも解決に導けるよう、全力でサポートさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします!
Q&A
好きなスポーツ 柔道
好きな食べ物 焼肉
施術の心がけ 患者様に寄り添う
好きな言葉 好きこそ物の上手なれ
業歴 11年目
柔道整復師
大塩 未生
こんにちは。柔道整復師の大塩未生です。
私は愛知県阿久比町生まれの福井県美浜町育ちです。

姉の影響で、小学校3年生の頃から競技ゴルフを始め、沢山の試合に出させていただきました。将来の夢は世界で通用するプロゴルファーになる事でした。家は裕福ではありませんでしたが、両親は私のやりたいことを応援してくれました。朝早くから夜遅くまで仕事に出ている母と、沢山の人と1対1で休みなく向き合っているトレーナーの父をそばで見てきました。
コーチは自分の父でした。父はスポーツの世界でトレーナーとして活躍していました。
父は厳しく、決して自分の娘だからと手を抜くことはありませんでした。そのおかげでいい成績を残すことが出来ました。しかし、中学1年生の頃ケガをしてスランプになり、自分のしたいことが分からなくなりました。それから2年ゴルフを続けましたが、プロの道を諦めました。
その後、何か身になる事をして両親を安心させようと好きなスポーツの一つであったバレーボールをしようと決心しました。素敵なご縁によりバレーボールの強豪校へ進学しました。しかし、知り合い一人いない初心者の私には周りのレベルが高すぎてついていく事が出来ませんでした。けれど、誰よりも早く体育館にいって誰よりも遅く体育館を出て、誰よりも声を出しました。気づいた時には周りから受け入れてもらえて、コートに立つことが出来ました。ケガをして、プレーできないこともありました。
私は勝つことよりも大事なこと。時には、自分の都合よりもチームが勝つことを優先させることの悔しさや、大切さを学びました。
沢山の事を学べた高校時代、バレーボール人生でしたが、選手よりもケガや痛みを手当てする柔道整復師の道を選びました。私以外にもけが人はたくさんおり、中にはドクターストップがかかりバレーボールが出来なくなったチームメイトもいました。身近でそれを目の当たりにしてきた私は、力になりたいというその気持ち一心に柔道整復師を志しました。

専門学校では人間の構造や、病態生理など慣れないことに苦戦しながらもクラスメイトと切磋琢磨しながら学びを豊かにしていきました。専門学校卒業後、無事国家試験に合格し、柔道整復師になりました。

院で見学をさせていただきましたが、その際に、プロを育てる指導力や考え方、治療家である事の自信と誇りが伝わってきました。風が吹くように伝わってきた治療家としての誇りと自信に胸を打たれ、この場だったら自分を成長させられると思い就職を決めました。

患者様のお気持ちに寄り添える施術を精一杯させていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします!
Q&A
好きなスポーツ バレー、ゴルフ
好きな食べ物 かぼちゃの煮物
施術の心がけ 寄り添い笑顔にする
好きな言葉 初心忘れるべからず
業歴 4年目
柔道整復師
宮内 正裕
こんにちは、柔道整復師の宮内 正裕(ミヤウチ マサヒロ)です

愛知県豊川市で生まれ育ちました
父親が歯科医師なので長男として必然的に歯学へ目指すことなっていました

無事歯学部へ入学し、生物、化学が好きで医学に繋がるものが少なからずあったので勉強は苦ではなかったのですが、進級するにつれ周りとの歯医者になる意欲の差を感じ、歯学部の国家試験は上から何人の競争の世界についていけず、自主退学する事にしました。
ここまで親が引いてくれていたレールを淡々と進んでいた為、やりたい、なりたいという意欲は生まれず、いつしか行動の原動力を失っていた事に気づけていませんでした。
この時、自分が何をやりたいかわからない状態になっていました。とりあえず動かない事には始まらないので、農業や整備士として働いてましたが、いつしか自分の中に残ったのは父や姉の姿で、やっぱり医療職種、医療に携わっていたいでした。

自分は小さい頃からずっと野球していたのですが高校の時に怪我でやめてしまい、好きな事が出来ず悔しい思いが引っかかり、同じ苦しみを味わって欲しくないと思い、行き着いた先が柔道整復師と鍼灸師でした。

在学中にテラピストと出会い、総院長の河原先生に自分の経緯を全て話し、まずどちらか片方を極めなさい『二兎追うものは一兎も得ず』と自分の今後の事を親身に考えていただきここで学びたいと思い、テラピストの門を叩きました。

患者様を心身共にサポートし、やりたいことは不安なくできるよう一生懸命施術していきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。
Q&A
好きなスポーツ モータースポーツ
好きな食べ物 ニラレバ炒め
施術の心がけ 迅速で丁寧な施術
好きな言葉 七転び八起き
業歴 4年目
柔道整復師
加藤 光志
こんにちは、柔道整復師の加藤光志です。

私は愛知県半田市で生まれ育ちました。

この仕事を志したきっかけは、父が柔道整復師で地元で接骨院をやっていたので米田柔整専門学校を卒業し柔道整復師の免許を取得した後に施術の興味が湧いてやってみようと思ったのが始まりでした。
経歴としては学校卒業後からは二年間熊本県の水前寺診療所(現在は構医関節機能クリニック)で構造医学の勉強という名の修行をしながら施術していました。

自分はそこでの修業経験による施療技術と自然物理学的の勉強の影響が今でも生かされています。
そして経験を積む為に整形外科へ勤め、その後に親の接骨院でも勤務しておりました。
約8年間柔道整復師として働くなかで家族も増え、この先の道を考えていたところ縁あって米田柔整専門学校で当時教員としてお世話になっていた河原総院長とお話しさせて頂く機会があり、ここで自分の経験を十分生かす事が出来ると思い、そして新たな気持ちでスタートしようとお世話になる決意をしました。

今までの経験を少しでも患者さんのお体の悩みの解決に導けるように施術にあたりますのでどうぞ宜しくお願い致します!
Q&A
好きなスポーツ 和太鼓
好きな食べ物 太平燕、赤味噌汁
施術の心がけ 一人一人に沿った施術
好きな言葉 一芸は道に通ずる
業歴 8年目
MENU CLOSE アクセス